【疑問】事故車とは?どうなったら事故車なのか?事故車の定義を紹介します。

事故車の定義との事ですが、基本的には下記の骨格部位に
損傷や交換、修復箇所がある場合に事故車(修復歴有車)となります。

・ラジエーターコアサポート
・クロスメンバー
・サイドメンバー
・インサイドパネル
・ピラー
・ダッシュパネル
・ルーフパネル
・フロアパネル
・トランクフロア

なので、バンパーやボンネット、ドア等の交換は事故車にはなりませんので
これらは修復歴でなく修理歴として記録しておくと良いです。
ちなみに災害などで水没したりした車両は基本的に事故車です。

また、ご質問にある追突されて修理した場合も事故車になるか
どうかにつきましてですが、上記にある様に修理したかどうかではなく
どこまで損傷していたかが重要になります。
いくら綺麗に直しても事故車定義にある骨格を損傷した場合は事故車となります。

ちなみにリアバンパー交換のみ等の軽微な修理でしたら、そもそも事故車にはなりません。
ただし、トランクフロアも歪みがでていて修理をした場合は事故車扱いとなる可能性があります。
最終的に事故車かどうかは修理される板金屋さんで確認するのが確実です^^;
歪みがあったとしても極々軽微で事故車判定されない修理や状態の場合もありますので!
ちなみに交通事故で事故車(修復歴有)になってしまった場合は、お車の価値が下がってしまうので事故減価額を相手に請求してくださいね!